2018年12月18日火曜日

バヌアツサーフボード贈呈プロジェクトと密着ドキュメンタリー製作

こんにちは!サーフィン部3年、立畑杏夏です!

12/10より、阿南市サーフィン連盟主体で
【バヌアツサーフボード贈呈プロジェクト】
のクラウドファンディングが始まりました!

プロジェクトの内容についてはLESのブログの記事から引用させていただきます。
↓ ↓
サーフィンが教えてくれた自然の楽しみ方をバヌアツの子どもたちと共有し、サーフボード寄贈を通して子どもたちに夢を与えたいと考えています。
ある日、青年海外協力隊の女性からバヌアツ共和国の話を聞きました。
美しい海、世界に誇れる火山、白亜紀を彷彿とさせる深い森、バヌアツ共和国。
そこでは近年徐々にサーフィンが普及してきているそうですが、現地の平均所得は低く、1本10万円以上するサーフボードを購入することは非常に困難なことと聞きました。
オリンピック競技にもなったサーフィンを通して子どもたちの生活の質がより豊かになるよう、このプロジェクトを立ち上げるに至りました。
現地での視察を通して圧倒的なサーフボードの不足を目の当たりにした私たちは、1本のボードを通してバヌアツの子どもたちにサーフィンが十分にできる環境と、オリンピック選手という夢を持つきっかけづくりをしたいと思い、帰国後本プロジェクトを立ち上げました。


主催:阿南市サーフィン連盟
協力:日本サーフィン連盟
徳島県サーフィン連盟
徳島大学サーフィン部
(株)サーフハードウェアー インターナショナルジャパン
ローカルエナジーサーフショップ
協和海運株式会社
パタゴニア
サーフライダーファウンデーションジャパン

https://blog.goo.ne.jp/lessurf/e/ddb5ea2e5e7339cf0f73a3362e9402fa

↑ ↑

皆さんバヌアツ共和国って知ってましたか?バヌアツ共和国は南太平洋にある美しい自然に囲まれた島国です。経済水準は高くないものの、世界一幸せな国に選ばれたこともあるのどかで平和な国だそうです。
そんなバヌアツでは最近サーフィンをする人が増えていて、外国から多くの人がやってくるそうです。しかし、当のバヌアツの人々は経済的理由からサーフィンができない事が少なくないといいます。
美しい自然囲まれ、素晴らしい波が立つ海がすぐ側にあるのに、経済的な理由からそれを楽しむ事ができない。
それって凄くもったいないことですよね。

私は大学からサーフィンを始めました。
新歓の時に、たまたまサーフィン部からチラシを受け取り面白そうだなと思って入部しました。サーフィンをしていなかったら、経験できなかったことがたくさんあるし、自然をもっと楽しめるようになりました。
サーフィンを始めたことで間違いなく人生の楽しみが一つ増えました!

ちょっとのきっかけで人生の楽しみが増えるってすごいことだと思います!

【バヌアツにサーフボード贈呈プロジェクト】は

サーフィンを通して
誰かの人生の楽しみが増えるかもしれない!
子供達に新たな夢を与えることができるかもしれない!

それに、このプロジェクトが注目を浴びればもっとたくさんの支援が集まり、もっとたくさんの子供達がサーフィンを楽しめるようになるかもしれない!

と、未来の可能性をたくさん秘めたプロジェクトです。
素晴らしい可能性をもったプロジェクト。
だからこそ全力で応援させてもらいたい!
そんな思いでこのプロジェクトに関わらせていただきたいと思っています。

私は卒業研究としてこのプロジェクトに密着したドキュメンタリー映画を製作します。
サーフィンを通した途上国支援、プロジェクトの裏側や込められた思いをストーリーとして発信したいと思います。
4月にはバヌアツで行われる贈呈会に同行させていただく予定です。実波さんからいただいたバヌアツの映像を編集しながら未知の世界にワクワクしています。
良い作品を作りたいと思います!

2018年12月10日月曜日

レッスンとクリスマスパーティ

こんにちは!はじめまして。理工学部1年の平井です!
12月8日の活動はお昼頃から生見で実波さんのコーチングを受けました!
短い時間にたくさんの波に乗る練習をしたり陸で筋トレをしたりそしてLESに戻り自分のライディングを客観的に観てアドバイスを貰うなどとても貴重な時間を過ごせました!
テイクオフを見ただけで武知パパに僕の左股関節が硬いのがバレびっくりしました。

みんなで競争したり息が切れるぐらい陸と海を行き来したりして、僕もサーフィン部に入って半年以上が経ちましたが、はじめてと言ってもいいぐらい部活感があってすごく新鮮で楽しかったです(笑)

そして夜はLESのクリスマスパーティーにお呼ばれしました!
会場の後ろにLESのお客さんのかっこいいサーフィンの写真が並んでいて、僕もどっかのタイミングでこんな写真取れないかなーなんて思いました(笑)
色々な催し物がありました!おじさんたちが子供のように笑い、楽しんでいると思ったら、今度はその人たちがサーフィンを熱く歌っていて、なんかすごく感動しました。
やっぱりサーフィンやってる人はカッコイイ!!
おじさんになってもサーフィン続けてたいなと思いました!!

2018年8月17日金曜日

LEScup

こんにちは。
唐門です。今回は、清瀬さん、平井と共にLEScupに出場しました。開催場所は、蒲生田でした。全員、砂のところ以外でしたことがなかったので、不安でしたが、なんとか無事でした。試合では、全員全力を尽くすことができました。
その甲斐あって、準優勝することができました。次は、優勝目指して、もっと頑張っていきたいと思います。

2018年8月6日月曜日

第45回ボブサーフィンコンテスト

こんにちは、修士1年の宇野です。この度ビギナークラスファイナル進出、3位入賞を果たすことができました。いままでファイナルに行けず敗退ばかりだったので悔しい思いをしておりました。やっと念願の入賞を手に入れることができてとても嬉しいです。
朝の地点では波がなく、2時間遅れてのスタートとなりました。スネ少し上ぐらいの波で厳しい状況が続いていました。時間制限がある中、セットの波を確実に取っていくことが大切です。
今回の試合で意識したことはなるべく人と比較せずリラックスして挑むことです。それが、練習の成果を発揮できた要因でないかと考えています。次はビギナークラス優勝を目指して頑張ります。

宇野有美

2018年7月19日木曜日

桑野小学校サーフィン教室

どーも清瀬です!
今回は7月9日に実施した桑野小学校でのサーフィンスクールについて書きたいと思います。
多くのちびっこにサーフィンを体験してもらうために学校のプールでパドリングやテイクオフの体験をしてもらいました!
大雨の影響で延期になっていたサーフィンスクールでしたが無事開催することができました。当日は立っているだけで汗が流れてくるほどの晴天!まさにプール日和!
小学生たちが声を出して準備運動をしたり、シャワーでギャーギャー言ってたり、本当に純粋で可愛くて、自分も歳を取ったな...なんて思ったりしました。
サーフィンスクール自体は大成功だったと思います。始まる前は初めてで不安そうな小学生も終わったときには楽しそうに笑ってくれていて、本当に嬉しい限りでした。このスクールをきっかけにサーフィンを好きになってくれて、サーフィンの楽しさを周りの人に伝えてくれたり、サーフィンを始めてくれたりしたら本当に大成功です!
自分自身できることはわずかですが、これからもサーフカルチャーの発展に少しでも貢献していけたらなと思ってます!

サーフィンスクールの記事を徳島新聞さんが掲載してくださいました!ありがとうございます!サーフィン部に興味がある方はいつでも連絡ください!
清瀬直樹


ひわさうみがめトライアスロン

こんにちは!
はじめまして。理工学部1年の井上創太です。
7月15日に大浜海岸で開催された、日和佐うみがめトライアスロンのライフガードに、清瀬さんと参加しました。
うみがめが産卵に来るという大浜海岸は最高に綺麗なビーチでした!1時間くらい海に浮いて選手を見張っていたのですが、無事にスイムが終わった後はホッとしました。
午後からは生見でサーフィンしてきました。パドル力をつけられるようにもっと練習したいです!!
実波さん、清瀬さん、ありがとうございました😊

井上創太

2018年5月7日月曜日

第二回新歓!!

こんにちわ!サーフィン部3年の立畑です。ここ最近ずっと行けてなかったので、久しぶりのサーフィン楽しかったです!!

本日は蒲生田岬のビーチクリーンに参加してきました。
ビーチクリーンのあとは、他の参加者の方々と一緒に美味しいバーベキューを頂き、とても有意義な時間を過ごすことができました。

その後、内妻に移動しサーフィンをしました。私は今日は全く波に乗れませんでした💦もっと活動に参加して練習に励まなければいけないなと思いました!!

それから実は今日は今年最後の新歓でもありました!
前回、今回と参加してくれた1年生の皆がたくさん入ってくれたら嬉しいですね😁